待ち伏せハンター 長澤里実

ともみ(待ち伏せハンター)に出てるAV女優の名前は?

ともみ

「待ち伏せハンター」から配信されてる、この作品「mcht036」の「ともみ」は誰?本当に素人なの? 出演してるAV女優の名前は、さんです。

作品の概要(ともみ(待ち伏せハンター))

いつもすれ違うムッチリとしたフトモモが目立つエロそうな奥様をストーカー尾行、あたりに人気がないトイレの個室に連れ込むのに成功した。

首を絞めるとあっさりと抵抗をやめたので、胸をはだけさせる。
大きなおっぱいを揉んで吸って、容赦なくパンティもめくり下ろす。
マ●コを開かせ指先で弄び、後ろを向かせる。オレもズボンを下ろし、
「突き出せよ」
いきり立ったチ●ポを押し付ける気配を察して、
それだけはやめてください、なんでもしますから
頑なに本番は拒否する。
それじゃあ、しゃがませて眼前にチンポを突き出す。
「オチ●チ●、舐めさせて下さい」
必死に懇願する奥様、舌を伸ばしてペロペロするとパクリと咥えて上手にしゃぶってくれる。
案外好きものかもしれない。
時折、ゲホゲホと苦しそうにむせているが、サオにもタマにも献身的に舌を這わせる。
オレもだんだん気持ち良くなってきて、
「ホラ、吸い付くせ」
と、喉の奥深くで発射した。
ダラリと口から精子を吐き出すと、急いでパンティを履いて帰ろうとする。
すかさず用意していた媚薬を沁み込ませたタオルを嗅がせて意識を失わせる

オレのヤリ部屋へと連れ込み、カメラをセットして手足を拘束する。
無抵抗なのを良いことに、真っ白でスベスベの肌をたっぷりと愛でる。
淡いピンク色のパンティの上から割れ目を擦り付けると、奥様が少し反応してきた。
脱がせてM字開脚、中指を差し込んで動かしていると、
「ううんっ」
声が上がってきた。
嬉しくなってますます熱が入る。
元気を取り戻したチ●ポを体の上に馬乗りになって咥えさせる。

カチコチになったので、いよいよだ、
ゴムもつけない生のままのチ●ポをズブリと突き立てる
「ううん、はあっ」
意識ないのにしっかりと腰の動きにつれて声を上げる奥様。
つられてますますピストン運動を加速させてしまう。
横ハメ寝バック体位を変えてマ●コの感触を楽しむと、また向き合って正常位ドビュッと中出ししてしまった。
割れ目から滴り落ちる精子、チ●ポにこびりついた白濁液を口に突っ込んできれいに舐めさせていると、奥様が目を覚ました。
「なに?」
混乱しているが、股間に手をやり中出しされたのを知る
「ひどい…」
泣きじゃくる彼女に、携帯を見ちゃったからエッチな動画を友達に送るよ、と追い打ちをかける。

「なんでもするから、帰りたい…」
自分でマ●コを押し広げさせ、
中出しされたオマ●コ見てください
と言わせる。更に手マンで攻め立て、残りの着衣を自分で脱がせ、オレの乳首を舐めるように要求する。
もう抵抗をあきらめて、事細かな要求にも素直に答える。
「チ●コ、舐めろよ」
頭を押さえ付けて、容赦なく喉奥まで咥えさせる。
タマまでベロベロと舌を這わせさせ、
「お口に出してください。出して」
イきそうになる瞬間口を離させ、オレの上に跨らせ手を添えてチ●ポを自ら導かせる。
「うっ、うううっ」
声を上げながらぎこちない腰の動きをするが、下からグイグイ突き上げるようにする。

後ろ向きにさせ、バックでも攻める。パンパンと小気味良く腰を押し付けると、
「うっ、ハアハア」
更に呼吸を荒くして感じちゃっている。もう一度正常位に戻って、
もう終わりにして…
じゃあ、最後中に出してくださいって言え
やだ、いやあ、中だめ
腰の動きを加速させると、またまた中出ししてしまった。
「ひどい、もう帰してくれますよね」
再び手首を拘束すると、ちょっと休憩するために奥様をそのままに部屋を後にする。
呆然とする奥様、もう逆らえない…

FANZA
発売日2023-09-10
収録時間1:06:00分
ジャンルハイビジョン 中出し ドラッグ 巨乳 鬼畜 
メーカー待ち伏せハンター 
レーベル待ち伏せハンター 
品番mcht036
価格¥480~

その他関連ページ

長澤里実出演作品

待ち伏せハンター 長澤里実

2023/9/10

ともみ(待ち伏せハンター)に出てるAV女優の名前は?

いつもすれ違うムッチリとしたフトモモが目立つエロそうな奥様をストーカー尾行、あたりに人気がないトイレの個室に連れ込むのに成功した。

首を絞めるとあっさりと抵抗をやめたので、胸をはだけさせる。
大きなおっぱいを揉んで吸って、容赦なくパンティもめくり下ろす。
マ●コを開かせ指先で弄び、後ろを向かせる。オレもズボンを下ろし、
「突き出せよ」
いきり立ったチ●ポを押し付ける気配を察して、
「それだけはやめてください、なんでもしますから」
頑なに本番は拒否する。
それじゃあ、しゃがませて眼前にチンポを突き出す。
「オチ●チ●、舐めさせて下さい」
必死に懇願する奥様、舌を伸ばしてペロペロするとパクリと咥えて上手にしゃぶってくれる。
案外好きものかもしれない。
時折、ゲホゲホと苦しそうにむせているが、サオにもタマにも献身的に舌を這わせる。
オレもだんだん気持ち良くなってきて、
「ホラ、吸い付くせ」
と、喉の奥深くで発射した。
ダラリと口から精子を吐き出すと、急いでパンティを履いて帰ろうとする。
すかさず用意していた媚薬を沁み込ませたタオルを嗅がせて意識を失わせる。

オレのヤリ部屋へと連れ込み、カメラをセットして手足を拘束する。
無抵抗なのを良いことに、真っ白でスベスベの肌をたっぷりと愛でる。
淡いピンク色のパンティの上から割れ目を擦り付けると、奥様が少し反応してきた。
脱がせてM字開脚、中指を差し込んで動かしていると、
「ううんっ」
声が上がってきた。
嬉しくなってますます熱が入る。
元気を取り戻したチ●ポを体の上に馬乗りになって咥えさせる。

カチコチになったので、いよいよだ、
ゴムもつけない生のままのチ●ポをズブリと突き立てる。
「ううん、はあっ」
意識ないのにしっかりと腰の動きにつれて声を上げる奥様。
つられてますますピストン運動を加速させてしまう。
横ハメ、寝バックと体位を変えてマ●コの感触を楽しむと、また向き合って正常位でドビュッと中出ししてしまった。
割れ目から滴り落ちる精子、チ●ポにこびりついた白濁液を口に突っ込んできれいに舐めさせていると、奥様が目を覚ました。
「なに?」
混乱しているが、股間に手をやり中出しされたのを知る。
「ひどい…」
泣きじゃくる彼女に、携帯を見ちゃったからエッチな動画を友達に送るよ、と追い打ちをかける。

「なんでもするから、帰りたい…」
自分でマ●コを押し広げさせ、
「中出しされたオマ●コ見てください」
と言わせる。更に手マンで攻め立て、残りの着衣を自分で脱がせ、オレの乳首を舐めるように要求する。
もう抵抗をあきらめて、事細かな要求にも素直に答える。
「チ●コ、舐めろよ」
頭を押さえ付けて、容赦なく喉奥まで咥えさせる。
タマまでベロベロと舌を這わせさせ、
「お口に出してください。出して」
イきそうになる瞬間口を離させ、オレの上に跨らせ手を添えてチ●ポを自ら導かせる。
「うっ、うううっ」
声を上げながらぎこちない腰の動きをするが、下からグイグイ突き上げるようにする。

後ろ向きにさせ、バックでも攻める。パンパンと小気味良く腰を押し付けると、
「うっ、ハアハア」
更に呼吸を荒くして感じちゃっている。もう一度正常位に戻って、
「もう終わりにして…」
「じゃあ、最後中に出してくださいって言え」
「やだ、いやあ、中だめ」
腰の動きを加速させると、またまた中出ししてしまった。
「ひどい、もう帰してくれますよね」
再び手首を拘束すると、ちょっと休憩するために奥様をそのままに部屋を後にする。
呆然とする奥様、もう逆らえない…

もっと見る

卑劣な男に眠らされた女たち 長澤里実

2023/8/24

沙希(卑劣な男に眠らされた女たち)に出てるAV女優の名前は?

美容に効く飲料についてのアンケート回答と称して、街中の女性に声をかける。実はその飲料には薬が仕込まれている。飲むと昏●してしまう薬だ。

「アンケートに答えてもらいたいんですけど。お時間とらせないので。あと、謝礼も出るんで!」

応じてくれたのは、20代半ばの女性。純朴そうで、ムチっとした体形で、オッパイが大きそうな女性だ。お願いしまくって、何とか承諾してくれたので、事務所に連れて行った。

「こちらが今回の商品です。新開発の商品です。こちら美容に効果があるので、試飲いただいて、味や飲み心地とか、アンケートに記入していただけたらと…」

簡単に説明して、アンケート回答を求め、そして一旦退室した。

すぐに飲料を飲む彼女…。まさか薬が仕込まれているとは、まったく思っていない様子。飲んでからすぐに眠そうな素振りを見せ始め、そのまま机に突っ伏して眠ってしまった…。薬の効果が早くも出た。

「失礼します。終わりましたか?」

俺は声をかけなながら入室。まったく反応のない彼女。完全に眠ってしまった。身体に触れても、少しも反応を見せない。昏●状態に陥っていて、まさに狙い通り!

俺は彼女をソファーのある別室に移動させた。

ソファーに横たわる彼女。ウブっぽい寝顔が可愛らしい。まずは太もも周辺を撫でまわす。スカートをめくると、ふくよかなお尻が顔を覗かせていて、スケスケのパンティがいやらしい…。

健康的な下半身といった感じで、プニプニの感触も抜群に心地よい。いくら触っても、眠ったままで為すがままの状態だ。

ぷっくり厚いクチビルをいじくってみる。さらには服の上からオッパイをモミモミ。こちらも抜群の揉み心地だ。

「失礼しま~す」

俺は服のボタンを外し、オッパイの谷間に指を突っ込んだ。かなり深い谷間。ラッキーなぐらいの巨乳!さらに服を脱がしていき、ブラジャーの上からオッパイを揉みまくった。

ブラジャーをめくると、ぷるんと大きなオッパイが露わになり、ピンと尖ったピンクの乳首もいやらしい…。いくら揉んでも、起きる気配はない。

股を開いてパンティの上からマ○コの穴をいじくると、すでに濡れてる…。愛液でできたパンティのシミ…。眠っているはずなのに、触られたりおっぱい揉まれたりして感じているのかもしれない。

動かない彼女の乳首や耳を舐めて、じっくりと若い肉体を味わう…。

「あ~、美味しいですねえ」

食べ頃の肉体の味は絶品だ。再びパンティの上からマ○コをいじくる…。さっきよりもぐっちょり濡れている…。パンティを脱がして股を開き、丸出しマ○コの割れ目を広げる…。

ビラビラを開いたり閉じたりしながら、じっくりと鑑賞した後はクンニで味わう…。ぬるぬるのマ○コに指マンするとピチャピチャと淫音を立てていて、濡れ具合が倍増した感じだ。

俺はチ○ポを露出。彼女の手をチ○ポに持って行き、シコらせてみる。こりゃ気持ちいい…。動かないけどしっかり握ってる。きっとチ○ポが大好きなんだろう…。

いやらしく気持ちいい掴み具合と擦り具合に、見る見るうちに勃起していく…。

若い彼女の気持ち良い手の感触を満喫。…実に気持ちいい。

俺は彼女の口に大きく勃起したチ○ポを持って行き、そのまま口の中に突っ込んだ。自然にフェラをするように唇がカリ首にあたる快感…。感触を満喫する…。

「だいぶ濡れてるみたいなんで、挿れちゃっていいですか」

もちろん彼女からの受け答えはないが、そのまま正常位の体勢でチ○ポを挿入してセックスが始まった。
「んん…あふう…」
なぜか時折、彼女の口から呻き声が漏れるが、目覚めることはない…。自然とチ○ポを受け入れると喘いでしまうド淫乱な身体なのだろう…。
そのままチ○ポがズコズコと出し入れされる。

無言でアエギ声がないセックスではあるが、マ○コとチ○ポをこすり合わせる感触は心地がよいので、自然と腰が動いてしまう…。
無抵抗な彼女をうつ伏せにして寝バック姦…。いろんな快感を味わっている。大きなお尻がピストンでぶるぶる揺れるのがいやらしい…。

「あ、う~ん」

彼女の口から声が漏れる。しかしやはり目覚めることはない。
きっと寝ていても快感を得ているのだろう…。
途中でチ○ポを引き抜いてのアナル鑑賞する…。肛門のところにほくろがあるのを見つけた!生々しいことこの上ない。
そして再びマ○コの穴の中にチ○ポを挿入。高速ピストンをお見舞いし、彼女のマ○コの中を掻き混ぜていく。

「う~ん…」

そんな呻き声を聞きつつ、正常位に体勢を戻してセックスしまくる…!太ももを開いてのM字開脚でセックス…。チ○ポがマ○コの中を出入りするスケベな光景だ。

俺は懸命に腰を振り、オッパイを揉みながら、若い肉体を貪りつくした。
ズコズコズコズコ…!
「出…出そう…」
そして快感が最高潮に達した時、チ○ポを引き抜いて、彼女の太ももの付け根に大量のザーメンを発射した。
発射直後のザーメン塗れのチ○ポを彼女の手で握らせ、最後の一滴まで搾り出した。

「気持ちよかったよ」

こうして昏●セックスが終わった。彼女の身体についているザーメンを拭き取り、パンティを履かせて、セックスした痕跡を消す…。オッパイもブラジャーの中に収め、衣服のボタンも締める…。こうして、完全に元通り…。

俺は彼女をアンケートを記入していた部屋に担いで移動させ最初の状態に戻した。

「大丈夫ですか? 起きてください」
「あれ? すいません、いつの間にか寝ちゃってたみたいで。疲れているのかな」

まさかのセックスをお見舞いされたとは思っていない彼女。笑顔を浮かべている…。俺はそんな彼女に謝礼のクオカードを渡して、外まで案内した。
こうして、今回の昏●セックスも大成功を収めた。
やめられない!

もっと見る

民泊経営者の極秘ファイル 長澤里実

2023/7/12

横宮さん(民泊経営者の極秘ファイル)に出てるAV女優の名前は?

私は都内数か所で民泊を経営しているオーナー。
その一つが自宅の階下にあり、合鍵でいつでも入れるレ●プ部屋になっている。

本日ご宿泊のお客様は一人旅でお越しの清楚な感じの女性、二泊三日でのお泊り。
パワースポット巡りをしているらしいが、柔らかそうなムチっとした身体が実においしそうだ。
今夜は私のパワースポットを注入してあげようと思う。
部屋の案内をしつつ備品チェック、そしてバスルームに隠しカメラを仕込む。
「冷蔵庫の中のビールとかは自由に飲んでかまわないからね、それではごゆっくり。」
「ありがとうございます。」
笑顔の可愛い素直な娘である。

部屋に帰って隠しカメラを作動、パンティーを下してオシッコする姿がモニターに映る。
後ろ手でマ●コを拭いている、後でバックからガンガン責めてあげるからね。
どうやらシャワーを浴びるご様子、着ているものを一枚づつ脱いでいく姿はいつ見てもゾクゾクする。
日本人女性らしい安産型の身体、そうそう、おマ●コもお尻もよく洗ってね。

その夜、差し入れを持って客部屋を訪ねる。
「おつまみ買ってきた。あれ、ビール飲んでないの?」
「一人で飲むのも、何かなって…。」
「おじさんが一杯付き合おうか?」
「いいんですか?嬉しいです。」
嬉しいのはこっちのほうだ、早速ビールをグラスに注いで、強力な媚薬を混ぜて乾杯。
良い人を装いながら早々に自宅へ戻る。

深夜、お酒を飲んで熟睡中の客部屋に忍び込む。
布団をめくり、ムチムチした太腿の肌触りを楽しむだけで、チ●ポはギンギンになってくる。
「管理人さん!何してるんですか?!」
暴れる娘の手を拘束テープで縛り上げる。
「暴れちゃダメだよ。」
柔らかなオッパイを揉みまくると、次第に乳首が反応してくる。
「カラダがおかしいねぇ、ビールに媚薬入れたんだよ。」
「そんな!」
オッパイに吸い付き、乳首を舐めまわし、四つん這いにしてお尻を突き出させる。
尻肉をスパンキングしながらマ●コを指でいじると、いやらしい音を出し始める。
パンティーを脱がし、濡れたマ●コに吸いついてベロベロとクンニ、ピクピクと反応するエロい身体。
「だめぇ、イっちゃう。」
腰を突き上げてイったマ●コに指を挿れてかき回すと、マン汁が糸を引きいやらしい匂いを漂わせてくる。

「匂い嗅いでごらん。」ブリーフの上からチ●ポに顔を押しつけ、匂いを嗅ぎだす媚薬娘。
自分から舐めたいと言い出したので生チ●ポを差し出すと、大きな口でベロベロとチ●ポをくわえてくる。
ねっとりしたストロークで根元までくわえこむ、メチャ気持ちいいフェラチオ。
四つん這いにさせると、ノーハンドで喉奥までしゃぶりこみ、玉舐めまでしてくる。
このままイってもいいぐらいだが、拘束テープをほどいて柔らかいオッパイでパイずり。
上目づかいのいやらしい口に指を突っ込んで、ビン勃ちのチ●ポを巨乳でしごいてもらう。
再びディープフェラ、チ●ポを根元までくわえこみ、喉奥をゴキュゴキュいわせながら喉汁の糸をたらしている。
「おちんちん美味しい、おま●こに欲しい。」
仰向けで寝て、M字開脚でチ●ポをねだる媚薬娘。
チ●ポをズッポリと根元まで突き刺して、小刻みに腰を振り続ける。
「おま●こ気持ちいい!もっと、もっと!」
腰を突き上げてイったので、そのまま腰をかかえて突きまくる。
「まだまだ、足りないよぉ。」
媚薬の効いた娘は自分から騎乗位セックスでパコパコと激しく腰を上下する。

四つん這いにして、バックから大きな尻をつかんで獣のように激しくマ●コを突きまくり、イっても止まらない高速ピストン。
うつ伏せにしてマ●コの奥を突きいれると、媚薬娘もお尻を上げてチ●ポに食いついてくる。
「あ~もっと、もっとぉ!おま●こイッパイ突いて!」
松葉崩しで斜め突きの後は、正常位セックスで濃厚なキス、いやらしい舌をからませながら腰を振る。
脚を抱えてさらに奥を突くと、グイグイとマ●コを絞めつけてくる。

側位セックスで大きなオッパイを揉みながら激しくピストン。
背面座位でオッパイを鷲づかみにして下からガンガン突き上げると、マ●コをヒクヒクさせてイキまくる媚薬娘。
正常位セックスで乳首舐めをさせながら、腰をマ●コに打ち付ける。
グチュグチュをいやらしい音をたてるマ●コをめちゃくちゃに突きまくり、中出し射精。
実に気持ちのいいセックスだった。
が、媚薬娘はドロッと出てくる精子を指でこすりながら、マンズリしてまたイってしまう。
しょうもない淫乱な娘だが、また明日も楽しむことにしよう。

もっと見る

密室タクシードライバー 長澤里実

2023/7/6

レナ(密室タクシードライバー)に出てるAV女優の名前は?

タクシードライバーをやっている俺。接客業でもあるため、人に気を遣うことも多く、いろいろストレスを抱えやすい職業だ。

そんな俺のストレス解消方法は、お客に媚薬入りドリンクを飲ませて昏●させ、セックスすることである。

今日、俺のタクシーに乗り込んできたのは、清楚な雰囲気の彼女。ミニスカートを履いている。ターゲットにするには申し分のないルックスだ。

「えーっと、登戸までお願いします」

なかなか可愛らしい声…。ムラムラする!

雑談しつつ、話を切り出す。

「いま当社が栄養ドリンクを開発している会社と提携してキャンペーンをやってまして、こちら試供品なんですけど、モニター体験していただくと、乗車料金の半額をキャッシュバックしています。登戸までだと、それなりの価格になりますけど、半額になりますんで…」

「あ、嬉しいです」

笑顔で応え、何の疑いも無く栄養ドリンクだと思って、媚薬入りドリンクを受け取る彼女。

「そちら、足元の方に記入する紙が置いてありますので、できましたら全部飲んでいただいて、アンケートに記入していただけると助かります」

「わかりました~。じゃ、いただきます。…飲みやすいですね」

彼女はすぐに飲み干した。

「お客様、登戸は駅の方で大丈夫ですか?」

「……スーっ…」
声をかけると、すでに彼女は昏●モードになっていて、まともに返事ができない。媚薬の効果が出てきたようだ。

完全に眠っているのを確認して、俺は車を停めた。後部座席に乗り込むと、シートベルトを外して声をかける。やはり寝たままで反応はない。太ももやオッパイを撫でまわす。ふふふ…触りたい放題だ。

衣服をめくると、薄い紫色のブラジャーに包まれた大きなオッパイが顔を出す。

ブラジャーをずらして乳首を露出させると、たっぷり舌を這わせて味わう。さらにミニスカートをたくし上げ、パンティの上からマ○コの穴に沿って指を這わせる。ポチっとしたクリトリスの場所も確認した。…パンティを半分脱がして、クリトリスを直接刺激する。じわじわ滲んでくる愛液…。濡れ具合も抜群だ。厚目のクチビルへのキス。もう行為は止まらない!

彼女の身体を貪るだけでは満足できなくなってきた。チ○ポを取り出し露出させ、彼女の手に握らせてシコシコする。柔らかい娘の手の感触は、実に心地よい。口を開けさせ、咥えさせてみるとフェラも素晴らしい感触だった。

車内から彼女を運び出し、いつものヤリ部屋に連れ込んだ。ベッドに寝かせて手だけでなく足首も拘束する。ぐっすり眠ったままの彼女。スカートを脱がして、まずはお腹やオッパイを舐めまわす。すると吐息が激しくなってきて、感じ始めている様子だ。ただし、目は覚ましてはいない。俺は構わず、キスしてむしゃぶりついた。

パンティを脱がすと、ムッチリした下半身が丸出しに…。クリトリスと乳首への同時責め。

「はぁ…はぁ…っ」

…吐息が激しくなっていく。うつ伏せにしながらの指マンは、アナルも丸見えで興奮度が高い!指マンやクンニの責め!

「ん…はぁっ…」

相変わらず眠ったままでヨガっているように息使いが荒い。その姿がまた興奮をそそる!

我慢できなくなった俺…脚を開いて正常位からチ○ポを挿入してセックス!本能のままに腰を振りまくり、彼女のマ○コの中を掻き混ぜるように腰をグラインド!濡れ濡れマ○コにチ○ポをヌキサシ!

俺の荒々しい腰ふりに彼女が急に目を覚ました!大きな声を上げる!

俺は反射的に彼女の口元を抑え、覆いかぶさったままさらなる腰ピストンをお見舞いさせた。

快感で目を覚ましたのか、彼女は今ある自分の状況がつかめない様子…。力づくのセックスに屈服し、手足も拘束されているので、どうすることもできない中、犯●れ三昧に…。

「レナ、レナ」

「えっ、何で?」

「免許証に書いてあるから。住んでる場所もわかったよ」

「勝手に見ないで。ねえ外して」

必死に抵抗する彼女。しかし男の力からは逃れられない。俺はマ○コから引き抜いたチ○ポを強●的に咥えさせ、頭を抑え込んだ。

「帰りたいんだろ。言う通りにしろよ」

そして再びチ○ポを咥えさせ、スパンキングしながら言い聞かせた。

散々嬲り、再びマ○コの中にチ○ポをねじ込む…。彼女は半べそ状態なのだが、快感にはあらがえないのか、喘ぎ声のような声を上げる。きっと屈辱的なのだろう。その姿がまたそそられ興奮を煽る。俺は無情にチ○ポを出し入れ…どんどん高速化するピストン…。

「レナ、舌出せ!」

強●キスしながら交わり、足の指舐めもさせ、もはや性奴●となっている彼女。

「腰、落とせ」

騎乗位の体勢で自ら腰を上下させるよう命令!屈辱的な表情をしながらも言われるがままに腰を上下する彼女。腰の動きに合わせて下からチ○ポを突き上げると、気持ち良さに我慢できずに喘ぎ声を張り上げた。

「気持ちよくない。もうやだ」

たまらなく喘いでいるくせに、抵抗している彼女。突かれる度に喘いでしまう…実に身体は正直だ!

最後は正常位の体勢で激しく突く!

「う…イっ…イクっ…」

「いやっ!いや、いや、いやぁ~…」

彼女の拒絶の声に更に勢いを増すピストン!そして奥まで突き刺して中出し!大量放出したチ○ポを抜くと、穴から濃くて白いザーメンが垂れ落ちてきた。彼女は顔を背けているが俺はお構いなしに、乳首舐めや耳舐めなどをお見舞いして追い打ちもかけた。

俺に中出しされて放心状態のように力が抜けている彼女の両手の拘束具に、両足の拘束具を結合させて身動き取れない状態にした。

そして手足を拘束されたままの身動き取れない彼女を放置し、その場を去った。ザーメンで汚れた股間、涙を流して歪んだ顔が印象的で忘れられない。

もっと見る

素人熟女図鑑 長澤里実

2023/6/14

さとみ 2(素人熟女図鑑)に出てるAV女優の名前は?

後妻に口や手で性処理をしてもらっていた僕。父が義母に抱きつき最後までやらせてくれとお願いしました。最初は拒否していましたが大きな胸を揉まれているうちに義母はなすがままになり僕を受け入れてくれたのです。義母の身体はムチムチで抱き心地最高。そんな義母のあそこに僕のフル勃起したイチモツをぶち込んだらイキまくるのです。僕も気持ちよくなり中出しをしてしまいました

もっと見る

WEB SERVICE BY FANZA

 

-待ち伏せハンター, 長澤里実
-, , , ,