素人ギャラリー 翔田千里

理恵(素人ギャラリー)に出てるAV女優の名前は?

2023年9月9日

理恵

「素人ギャラリー」から配信されてる、この作品「bykm008」の「理恵」は誰?本当に素人なの? 出演してるAV女優の名前は、さんです。

作品の概要(理恵(素人ギャラリー))

#媚薬おもらしマッサージ

某所にある女性専門のエステサロン。
自家製のオイルを使ったマッサージが評判のお店だ。
自家製のオイルには媚薬が混ぜてあり、時間が経過するとともに全身が敏感になってしまう代物だ。

本日のお客は熟れた肉体を持つ美人の熟女

施術者が退室し、マッサージ用の下着に着替えてもらう。
その様子が隠しカメラで捉えられていて、大きなオッパイや肉付きのよい身体を鑑賞することができる。

着替えが終わり、お声がかかった。

「本日はこちらのオイルを使っていきます。オリジナルのものでして、代謝などを高めるようなデトックス効果があるものになっております」

早速、オイルを塗り込んでいく。まずは肩から背中にかけてのマッサージ。

身体が熱い…。こんなにポカポカするのは初めてです」

すぐに身体を火照らすお客。

「このオイル、温かくて、なんか眠たくなってきました」
「施術中にお眠りになる方もいらっしゃいますので、その辺りはお気にせずに」

太ももや足先にもオイルを塗り込んでいく。

「この部屋、暑くないですか?」
「適温で管理してますので。暑く感じるのは、オイルが効いてきているからだと思います」

媚薬入りオイルの効果が出てきている様子
太ももの付け根やお尻など、際どいところもマッサージ。
仰向けになってもらい、オッパイ周辺もマッサージを加えていく。

「ハマっちゃいそうです。この暖かさ。血流がよくなっているのか、なんか敏感に」

身体をビクビクと震わせるお客…。
媚薬オイルの効果が高まっていき、全身が敏感状態になっている。
アエギ声も上げていて、素直な反応を見せている。股間周辺をマッサージされると、さらに鋭い反応に…。
敏感な部分にマッサージが及んでちょっと怪訝そうな顔になった。
そして逃げ出そうとし出した。

「アッ、私、帰ります」

しかし、ここまで来たら、帰ってもらうわけにはいかない。

身体がいつもと違っておかしくて

どこか拒絶している雰囲気だが、それでもマッサージは続け、とうとう下着をずらし、お客のオッパイを直に揉む。

「アッ、やめてください」

オッパイを揉み、そして股間も刺激すると、甲高いアエギ声を口から漏らした。
もうこうなったらお客も快感に支配されてしまっている。
全身をビクビク震わせて、媚薬の効果が身体中を反応させる。そして…

なんか出そう

激しい指マンで愛液を溢れさす恥部…。
そして大絶叫とともにおもらし。身体の制御が利かなくなり、されるがままになった。執拗な乳首責めやクリトリス責めで悶えヨガるお客。熟れた肉体から歓喜の喘ぎ。
全身の痙攣も止まらない。
こうなったらなすがままの状態。
キスにも応じて、完全に陥落してしまった。
パンティも脱がし、全裸状態に…。

ア~~~~!

大きく股を開いて受け入れる。
悲鳴のような喘ぎ声を上げて、その敏感ぶりは凄まじいレベルだ。
四つん這いの体勢にされると、股間を突き出して、口を開いたままのアヘ顔
さらなる刺激を求める快感を欲しがる。
アナルも丸見えのイヤラシイで喘ぎ、身を反らす。

電マ器を使用しての責めでは、絶叫と絶頂を繰り返す

ア~、イク!

白目を剥いたアヘ顔を晒したまま、何度もイッてしまうお客。
極上の敏感熟女。
びしょ濡れになったマ○コをベロベロと舐められただけで絶頂に至り、続く指マンで放心状態に陥った。

ほら、これ見て下さいよ
オチ○ポだ~

大喜びでチ○ポに舌を這わせるお客。
亀頭から竿まで美味しそうに咥えまくり、スケベ心を爆発させた。
乳首へ亀頭をこすりつけ、パイズリする為に男の身体に自分から乗り、チ○ポを美味しそうにしゃぶる。

脚を開いてチ○ポを待ち焦がれている淫乱熟女。
正常位での待望のセックスに大喜びした。

チ○コ! チ○コ!

卑猥な言葉を連呼しながらチ○ポの感触を楽しむお客。
大きなアエギ声がたまらない!

「お姉さん、反対向いてよ。もっと奥の方まで挿れちゃいましょうよ」

バックに体位を変換するとお尻を向けてチ○ポを欲しがる。
アヘ顔状態のままで大きなお尻やオッパイを振る。

もっとオチ○コください、もっとください~

貪欲に快感を求め、欲望を膨らませる。
オイルでテカっている身体も艶めかしい。
唾液まで垂らすアヘ顔の淫乱熟女

「さあどうぞ」

騎乗位でのセックスに導かれると、自分でチ○ポに跨って挿入すると、身体を上下させて好きなようにチ○ポの出し入れの感触を楽む。
腰を前後に動かしたりグラインドさせたり快感を貪る。

チ○コ、最高~。ア~~~、イク~!

快楽を与えるようにチ○ポを下から突き上げると、すぐに絶頂に昇りイッてしまう。
背面騎乗位姦では、アナルをヒクヒクさせながら腰を動かし、激しく腰を浮かしてチ○ポの快感を味わうように腰を振る。
立ちバック姦では、結合部にチ○ポが激しく出入りして打ちつける腰の動きに快感の喘ぎを爆発させる。

チ○コ! チ○コ! 気持ちいい!
このまま出しますよ
いいですよ、ちょうだ~い! きてきて~

最後は片足を上げた体位で交わり激しく突き上げるピストンからタップリと中出し
マ○コの中から溢れたザーメンを手に取ると、それをクリトリスに擦りつけた
ほんとうに淫乱な熟女だ。

「本日の施術は以上になります。またのご来店、お待ちしてますね」
「ありがとうございました~」

余りにも快感を与えられたお客は放心状態のまま、身体を横たわらせている。
満足感はすこぶる高そうだ。
こうして本日の施術を終えた。

FANZA
発売日2023-09-09
収録時間1:00:00分
ジャンルハイビジョン 中出し 熟女 放尿・お漏らし マッサージ・リフレ 
メーカー素人ギャラリー 
レーベル素人ギャラリー 
品番bykm008
価格¥480~

その他関連ページ

翔田千里出演作品

素人ギャラリー 翔田千里

2023/9/24

理恵(素人ギャラリー)に出てるAV女優の名前は?

#媚薬おもらしマッサージ

某所にある女性専門のエステサロン。
自家製のオイルを使ったマッサージが評判のお店だ。
自家製のオイルには媚薬が混ぜてあり、時間が経過するとともに全身が敏感になってしまう代物だ。

本日のお客は熟れた肉体を持つ美人の熟女。

施術者が退室し、マッサージ用の下着に着替えてもらう。
その様子が隠しカメラで捉えられていて、大きなオッパイや肉付きのよい身体を鑑賞することができる。

着替えが終わり、お声がかかった。

「本日はこちらのオイルを使っていきます。オリジナルのものでして、代謝などを高めるようなデトックス効果があるものになっております」

早速、オイルを塗り込んでいく。まずは肩から背中にかけてのマッサージ。

「身体が熱い…。こんなにポカポカするのは初めてです」

すぐに身体を火照らすお客。

「このオイル、温かくて、なんか眠たくなってきました」
「施術中にお眠りになる方もいらっしゃいますので、その辺りはお気にせずに」

太ももや足先にもオイルを塗り込んでいく。

「この部屋、暑くないですか?」
「適温で管理してますので。暑く感じるのは、オイルが効いてきているからだと思います」

媚薬入りオイルの効果が出てきている様子。
太ももの付け根やお尻など、際どいところもマッサージ。
仰向けになってもらい、オッパイ周辺もマッサージを加えていく。

「ハマっちゃいそうです。この暖かさ。血流がよくなっているのか、なんか敏感に」

身体をビクビクと震わせるお客…。
媚薬オイルの効果が高まっていき、全身が敏感状態になっている。
アエギ声も上げていて、素直な反応を見せている。股間周辺をマッサージされると、さらに鋭い反応に…。
敏感な部分にマッサージが及んでちょっと怪訝そうな顔になった。
そして逃げ出そうとし出した。

「アッ、私、帰ります」

しかし、ここまで来たら、帰ってもらうわけにはいかない。

「身体がいつもと違っておかしくて」

どこか拒絶している雰囲気だが、それでもマッサージは続け、とうとう下着をずらし、お客のオッパイを直に揉む。

「アッ、やめてください」

オッパイを揉み、そして股間も刺激すると、甲高いアエギ声を口から漏らした。
もうこうなったらお客も快感に支配されてしまっている。
全身をビクビク震わせて、媚薬の効果が身体中を反応させる。そして…

「なんか出そう」

激しい指マンで愛液を溢れさす恥部…。
そして大絶叫とともにおもらし。身体の制御が利かなくなり、されるがままになった。執拗な乳首責めやクリトリス責めで悶えヨガるお客。熟れた肉体から歓喜の喘ぎ。
全身の痙攣も止まらない。
こうなったらなすがままの状態。
キスにも応じて、完全に陥落してしまった。
パンティも脱がし、全裸状態に…。

「ア~~~~!」

大きく股を開いて受け入れる。
悲鳴のような喘ぎ声を上げて、その敏感ぶりは凄まじいレベルだ。
四つん這いの体勢にされると、股間を突き出して、口を開いたままのアヘ顔。
さらなる刺激を求める快感を欲しがる。
アナルも丸見えのイヤラシイで喘ぎ、身を反らす。

電マ器を使用しての責めでは、絶叫と絶頂を繰り返す。

「ア~、イク!」

白目を剥いたアヘ顔を晒したまま、何度もイッてしまうお客。
極上の敏感熟女。
びしょ濡れになったマ○コをベロベロと舐められただけで絶頂に至り、続く指マンで放心状態に陥った。

「ほら、これ見て下さいよ」
「オチ○ポだ~」

大喜びでチ○ポに舌を這わせるお客。
亀頭から竿まで美味しそうに咥えまくり、スケベ心を爆発させた。
乳首へ亀頭をこすりつけ、パイズリする為に男の身体に自分から乗り、チ○ポを美味しそうにしゃぶる。

脚を開いてチ○ポを待ち焦がれている淫乱熟女。
正常位での待望のセックスに大喜びした。

「チ○コ! チ○コ!」

卑猥な言葉を連呼しながらチ○ポの感触を楽しむお客。
大きなアエギ声がたまらない!

「お姉さん、反対向いてよ。もっと奥の方まで挿れちゃいましょうよ」

バックに体位を変換するとお尻を向けてチ○ポを欲しがる。
アヘ顔状態のままで大きなお尻やオッパイを振る。

「もっとオチ○コください、もっとください~」

貪欲に快感を求め、欲望を膨らませる。
オイルでテカっている身体も艶めかしい。
唾液まで垂らすアヘ顔の淫乱熟女。

「さあどうぞ」

騎乗位でのセックスに導かれると、自分でチ○ポに跨って挿入すると、身体を上下させて好きなようにチ○ポの出し入れの感触を楽む。
腰を前後に動かしたりグラインドさせたり快感を貪る。

「チ○コ、最高~。ア~~~、イク~!」

快楽を与えるようにチ○ポを下から突き上げると、すぐに絶頂に昇りイッてしまう。
背面騎乗位姦では、アナルをヒクヒクさせながら腰を動かし、激しく腰を浮かしてチ○ポの快感を味わうように腰を振る。
立ちバック姦では、結合部にチ○ポが激しく出入りして打ちつける腰の動きに快感の喘ぎを爆発させる。

「チ○コ! チ○コ! 気持ちいい!」
「このまま出しますよ」
「いいですよ、ちょうだ~い! きてきて~」

最後は片足を上げた体位で交わり激しく突き上げるピストンからタップリと中出し。
マ○コの中から溢れたザーメンを手に取ると、それをクリトリスに擦りつけた。
ほんとうに淫乱な熟女だ。

「本日の施術は以上になります。またのご来店、お待ちしてますね」
「ありがとうございました~」

余りにも快感を与えられたお客は放心状態のまま、身体を横たわらせている。
満足感はすこぶる高そうだ。
こうして本日の施術を終えた。

もっと見る

待ち伏せハンター 翔田千里

2023/8/15

かおり(待ち伏せハンター)に出てるAV女優の名前は?

いつものように獲物を求めて街をさ迷うオレ、そこに日傘を差して品がよさそうなのにムッチリ脂ののった美味しそうな奥様が現れた。
今日の獲物は久々の熟女としよう。
後を付け回していると、人気がない公園のトイレに差し掛かったので迷わず個室に連れ込んだ。

「なにするんですか、誰かあ~!」
抵抗する奥様の首を絞めて脅かし、ワンピースをたくし上げさせる。脚を広げさせてパンティ越しにマ●コを攻め、ブラジャーをずらせて巨乳を露出させる。
本番を匂わせると頑なに拒んで、代わりにしぶしぶフェラするのを承諾する。
泣きじゃくる奥様の姿を見て興奮し、元気になってきたチ●ポを口にねじ込む。
ウエッと苦しそうにえずいているのがまたまらない、頭を押さえてより深く押し込んだ。
ようやく従順になってきて、完全勃起したチ●ポに手を添えて、舌を遣いながら必死にしゃぶっている。
額にびっしょりと汗をかいて、一刻も早く終わらせようと口を動かす。オレの乳首も吸わせて、手でチ●ポをしごく。

「全然気持ち良くねえな」
便座に大の字になって座り、跪かせてのご奉仕を強要する。
「これで許してください」
玉まで愛おしそうに舐め、グイッと喉奥まで咥えて首を上下する。そして仁王立ちになると、込み上げてきた精子をドビュッと口内発射した。
ハアハアと苦しそうに喘ぎ、白濁液を口の端からこぼれ落としている。

「もういいですよね」
「まだだよ」
媚薬を沁み込ませたタオルを嗅がせ、オレのヤリ部屋へ連行した。

下着姿で手足を拘束した姿を見て、
「いい体してるな」
思わず独り言が出た。熟女ならではの手にまとわりつくような肌がたまらない。さっきは手を触れなかったマ●コをじっくりと攻める。
まずパンティ越しに感触を確かめ、拘束を解いて脱がせる。濃いめの陰毛がエロさを増加させている。
指を2本差し入れて動かし、再び元気を取り戻したチ●ポを無意識の奥様の口にねじ込んで腰を動かす。
そしてズブリと生挿入した。
マ●コは愛液でトロトロになっていて、すんなりと受け入れてくれる。側位で背後から責めると、緩んだ腹がタプタプ揺れているのもなかなかオツな眺めだ。
寝バックも楽しみ、正常位で責めているとギュッギュッと締め付けるあまりの快感に、
「口よりマ●コが気持ちいじゃん、こいつ」
と自然に頬が緩んでしまう。一気にそのまま生中出しした、ドロッと滴り落ちる精子。そこで女が目を覚ました。

「ひどい、警察に」
「行ってもいいけどさ…」
眠ってる間にかばんを漁って得た個人情報を晒し、更に脅迫する。
「お願いします、内緒にしてください」
「それじゃあさあ、どうしたらいいか分かるよね」
愁いを帯びた表情で、言われたとおりにする。
中出しされたマ●コを両手で広げ、指に付いた精子を舐めるのを強要。そしてオナニーを強●すると、パックリ広がった花びらを指先でなぞっている。
「チ●ポないと興奮しないんだ」
手は休ませず、口にねじ込んだ。
「はっ、あうっ」
そして残ったブラジャーも外させ、奥様からのご奉仕を要求する。もう観念したのか、目をつぶってねっとりと咥えて動かす。
玉まで舌でペロペロさせ、大きなおっぱいでパイズリもさせてしまう。柔らかい肉塊に挟まれ、先ほど大発射したばかりなのに再び勢いを取り戻してきた。

「オマ●コで気持ち良くするんだ、またがるんだ」
奥様が上になって、生のチ●ポをズボッと受け入れた。
「腰が止まんないな、気持ちいいんだろ」
いたぶりの言葉を緩めず、ますます追い詰める。
「気持ち良くて腰が止まりません」
と、征服された奥様に言わせる。腰を動かしながら乳首も舐めさせる。下からガンガン腰を突き上げると、
「あああっ」
と、体を震わせてイッちゃったようだ。

続いてバックで攻め立てる。ブルンブルンとおっぱいを揺らせる奥様、
「ただのど変態です」
と服従の言葉を言わせながらで興奮する。
最後はやはり、正常位がいい。喘ぐ奥様に、
「どこに出して欲しんだ、言えよホラ」
「オマ●コの中に…出して」
と言わせて、三発目だというのに大量にドクドクとナマ中出しした。
精子まみれのチ●ポを舐めてきれいにさせている姿を見たら、もう一発イけそうな気がしてきた。奥様に手でしごかせて、ドビュッと発射した。

「臭い精子がいっぱい出ました」
そう言わせて、また白濁液を口できれいにさせた。
両手を拘束して、
「おとなしく待ってろよ」
と部屋に取り残す。絶望した表情を浮かべる奥様、地獄の日々は始まったばかりだ。

もっと見る

ピタパン女子 翔田千里

2023/9/24

千里(ピタパン女子)に出てるAV女優の名前は?

セックスさせてくれるという噂の家事代行サービス、いわゆる家政婦さんを頼んでみた。

やってきたのは千里さんという美人の熟女。ムッチリとした体形がエロくて、お色気フェロモンも凄まじい。

「実は頼んだわけがありまして、僕、大学の4年でゼミのレポートをやらなければいけなくて、いろんな職業のことを調べてまして、携帯で動画を撮りたいんですけど…」

動画撮影をお願いすると、戸惑いながらも承諾する千里さん。にこやかに話していて、気さくな性格っぽい。

「今日はお掃除をさせていただきますね」

まずは台所周りからの掃除を始める千里さん。そして床掃除…。
おや…デニムと上着の間からパンティが見えている。エロモードが漂う…。スケスケのTバックで、セクシーさ満載だ。

僕はパンチラを見て興奮状態。千里さん自身は気にせず熱心に掃除に勤しんでいるが、僕はパンチラにくぎ付けだ。大きなお尻もたまらない。

まさか僕がエロい気分になっているとは気づかず、熱心にお掃除しながら、身の上話をし始める千里さん。「子供ができちゃうと、夫とは家族になっちゃうんですよね。もう男と女ではないというか、夫婦生活もなくなっちゃいますしね。夫婦生活というのはあっちの方の…」

そんな際どい話する千里さん。僕はパンチラと千里さんのエロい身体にくぎ付け…。そんな中、トイレ掃除で千里さんにエロ本を発見されてしまった…。

「トイレでこういうの見てるんですか~? もしかしてお客様、ご高齢の方がお好きなんですかね」

千里さんはエロ本に興味津々…。熟女エロ本で、年上好きだと知って、嬉しそうな雰囲気…。これはもしかして…と、僕は期待してしまった。

「千里さん。すっごい誘惑されちゃうな」
「そんな女性として見てくれるなんて嬉しいですよね」
「超魅力的ですよ」
「嬉しいですね。ありがとうございます」

僕は千里さんのパンチラとエロ話で興奮…。股間は勃起状態…。我慢できなくなった僕はチ○ポを取り出し、千里さんのお尻を見ながらシコシコ…。
そんな僕に気付かない千里さんは機嫌良くテーブルを掃除している…。僕はとうとう後ろから襲いかかってしまった。

「えっ、ちょっと、困ります!」

抵抗する千里さん…。僕は構わず強引にパンティをはぎ取り、露出した千里さんのマ○コめがけて勃起チ○ポをズブズブっと突き立てた!そのまま立ちバックでセックス。
本能のままに激しく腰を振り、千里さんのマ○コの中をチ○ポでかき混ぜた。

「アッ!」

一瞬抵抗を見せたが、チ○ポの快感に感じ始める千里さん。

「めちゃくちゃ濡れてますよ」
「困ります」
「何が困るんですか?」
「カメラまわってるのに…あぁんっ…」

口では嫌がる素振りを見せるが僕は構わずチ○ポを突きまくった。だって千里さんは感じているじゃないか…。

「我慢できないです」

激しく腰を振った僕は余りの気持ち良さに、限界に達しそうになってしまう…。

「久しぶりで。10年もしてなくて」

千里さんのマ○コはヌレヌレ…。10年我慢していたからなのか?悶え方も妖艶…。本能のままになっている千里さんを床に寝かせて正常位でヌキサシ…。
大きなオッパイとアエギ顔を見ながら僕は大興奮。ズボズボと出し入れされる結合部が丸見えだ。もうダメ…。気持ち良すぎる!

「出ちゃいます、出ちゃいます!」
「中には出さないで~」

僕の発射の合図に千里さんはダメって言ってたけど間に合わず…。僕は千里さんのマ○コにタップリと中出し。

大爆発したチ○ポを抜くと千里さんのマ○コからザーメンが滴り落ちた。
発射直後のチ○ポを見て千里さんは嬉しそうに言った。

「あ、すごい。こんなに大きいのが入っていたなんて」

「久しぶりのチン○ン」

ザーメンだらけの僕のチ○ポをお掃除フェラ…。本当にチ○ポが好き…という本格的なフェラ。

「ねえ、もう1回できそうですね」
「できないですよ」
「しません? 私、火が点いちゃったみたいで」

千里さんはそう言うと僕を寝室に誘導…。

「もう1回したい」

寝室に移動するなり、服も下着も全部脱ぎ捨て全裸になる千里さん。

「いっぱい出してくれたオマ○コ見て~」

M字開脚姿でマ○コを見せつける大胆な千里さん。ドスケベな本性に火が付いてしまったようだ…。
いやらしいその姿に僕は再び興奮状態に…。グチョグチョのマ○コが目の前だ。さらにクリトリスをいじくり、僕にオナニーを見せつける。
目の前のマ○コに指を突っ込みグチョグチョ…。指マンで気持ち良くなる千里さんは、それだけで絶頂に達してしまう。超敏感なエロい身体だ。

「今度は私に舐めさせて」

僕に覆いかぶさり、乳首に舌を這わせていてイヤラシイ。チ○ポを咥え始めると、美味しそうに味わっていて、淫乱な痴女姿が…。

「立派なタマタマ!」

旦那に教え込まれたのか?いやらしく玉袋も執拗に舐める…。チ○ポ全体を舐めまくる。パイズリも…。大きくて柔らかいオッパイがチ○ポを包み込む…。

「この硬いオチン○ン挿れた~い。マ○コの中に欲しい!」

そう言いながら、勃起チ○ポを掴んで騎乗位の体勢で跨り、腰をグラインドさせたり上下させる千里さん。熟れた肉体が絶品だ。

「私の大きなお尻見て~」
「あぁ~イクぅ~…」
身体の向きを変えて、背面騎乗の体位になり再び腰を上下させる。大きなお尻を眺めんながらのセックス。
腰の動きに合わせて下からチ○ポを突き立てるとすぐイッてしまう…。
何度もイキまくる敏感な千里さん…。

「もっとさっきみたいに突いて~」

今度は四つん這いの体勢になり、バックでのおねだり…。千里さんの要望のままバックで激しいピストンを…。
マ○コの中にチ○ポを深く突き立てる松葉崩し…。そして仰向けの千里さんに正常位で激しく腰を打ちつける…。

「若い人のセックス激しい! オチ○ポ、気持ちいい! あ~、イクイク。中に出して~」

最後はやっぱり中出し。

「いっぱい頑張ってくれたから舐めちゃう!」

大爆発した僕のチ○ポが千里さんのぬるぬるのマ○コから抜かれると、すぐさま吸いつくようにしゃぶりだし、お掃除フェラ…。
チ○ポを味わいつくしたい様子の千里さん。

「今度から個人的にお掃除しに来ていい? また来るね」

スケベすぎる千里さん。何度でもセックスしたくなる素敵な女性だった。

もっと見る

素人ギャラリー 翔田千里

2023/7/24

やまと(素人ギャラリー)に出てるAV女優の名前は?

#とびっこさんぽ

僕の彼女は極上熟女。今日は彼女とのデート。食事に行く予定だ。

「この前、渡したやつ、ちゃんと入れてきた? パンツに」
リモートバイブ‘とびっこ’をあらかじめ彼女に渡しておいた僕。彼女はちゃんと装着してきたという。羞恥散歩の始まりだ。

早速スイッチを入れてみる。ビクッと身体を震わせ、反応を見せる。
「気持ちいいね、これ」
と言いながらすでに感じ始めている彼女はそこにいた。人目を気にしつつも快感を得ている彼女。スイッチを入れる度にビクッとしていて、実にいい反応だ。
「敏感なの知ってるでしょう。昇天しちゃうよ」
楽しんでもいる様子だ。
「ア~、強すぎる、やめて~!」
強度を高めると、甲高い声を上げて、反応が派手になるのもおもしろい。

「濡れてきちゃった」
ついに道端に座り込んでしまった。
「もうご飯なんか食べられないよ。もうエッチしたい」
願望を漏らす彼女。そんなわけで僕はマンションの片隅に彼女を連れ込んだ。共用部分なので、いつ誰かが現れてもおかしくない場所だ。
「もうセックスしたい。でもここじゃ…」
股間を触りながらアエギ声を上げていて、発情を抑えることができない彼女。めくるめくとびっこ攻撃に身悶えする。しばらく続けると彼女はそこで絶頂に達してしまった。

「ジンジンしてる!」
僕は彼女の目の前にチ○ポを…。
「こんなところじゃ…」
恥ずかしがりながら、回りを気にしつつもチ○ポに口を近づけてパクっとくわえこんだ。フェラを始める彼女に僕も興奮する…。
「ビンビンなチ○コ」
おいしそうに勃起しているチ○ポをしゃぶって、興奮している彼女。同時に受けるとびっこ攻撃に身震いしながらチ○ポをしゃぶる!
僕がパンティを脱ぐよう促すと、すぐに脱いでマ○コを露わにする彼女。もう回りなんてお構いなし!乳首も丸見えのあらわな状態だ。
彼女は自らとびっこをクリトリスに押し付け、再びビクビクしながら絶頂した。

「オマ○コ、気持ちいい」
大きな声を上げて、何度もイッている。そして何度もチ○ポをしゃぶる…淫猥フェラ。
「オチン○ン欲しい」
大きな乳房でチ○ポを包んでパイズリ…。暴走が止まらない彼女。そんなの時、エレベーターが動き出したのを気付いた僕らは慌てて階段の踊り場に移動した。

「ここ死角かもしれない。もしかしてここで挿れてくれるの?」
慌てて移動したものの、回りから余り見えなさそうなこの場所で、すっかりヤル気マンマンになってしまった彼女。お尻を突き出して、セックスをおねだり。
そのまま立ちバックの体勢でハメ始めた。死角ではあるが、さすがに声を上げるのは危険。しかしヤリタイ彼女はそんな事は構わずアエギ声を漏らす…。
僕はヌレヌレのマ○コの中をチ○ポでかき混ぜた。立ちバックの後、正面に向き合って太ももを上げて前からもハメた!

「いつもよりも興奮しちゃう」
「う…出そう…」
立ちバックで激しいピストンでチ○ポをヌキサシ!最後はそのまま彼女のマ○コの奥に突き上げ中出し!
チ○ポが引き抜かれると、ドロッとザーメンが垂れ落ちた。
「今日、最高! でもまだしたいの。足りないの」
貪欲な彼女。発情したままの状態で、自宅に移動した。

「まだできるでしょ」
「少しインターバルが欲しい。さっき中出ししたから無理だよ」

自宅に入るなり、痴女に変貌する彼女。全裸になり、乳首舐めを始める…。
「もう火が点いた。もう止められない。できるだけやるよ」
僕を押し倒して乳首を舐めつくし、パンツを脱がしてチ○ポを露出させると、ねっとりフェラ。

「汗と精子とマン汁の味がする」
淫猥な言葉を言いながらチ○ポをしゃぶる彼女…。淫女の実力を見せつけてるようにチ○ポを強引に勃起させているようだ…。
いやらしいパイズリとフェラに元気を取り戻したチ○ポ。勃起したチ○ポがおいしいようで、執拗に舐めまくる彼女。玉袋まで舐めていてイヤラシイ姿に僕も興奮!

「これでオマ○コに入らないなんてありえないよね。最高潮に勃起してるもんね」
そんなことを言いながら、跨って騎乗時の体勢でチ○ポを挿入し、腰を上下させる彼女。オッパイを揺らし、腰を動かして、チ○コのヌキサシの快感に酔いしれる。
「さっきは中途半端だったもん。声出せないし」
体の向きを変えてお尻を向けて騎乗位…。激しく腰を動かしまくる彼女。淫らな行為が止まらない。

僕も負けずに下からチ○ポを突き上げた。それに歓ぶ彼女の腰の動きも激しくなり僕のチ○ポを締め上げる。
バックの体勢で大きなお尻を掴んでピストンの様子を眺めながらハメまくる。彼女の快感の大絶叫も止まらない。何度も絶頂にも達している…。

「ア~、ア~! 声出せるって最高!」
思う存分絶叫し、全身でセックスを堪能する彼女。そのまま寝バックでの激しく突き上げる!一層アエギ声のボルテージがアップする。
僕はピストンのスピードを上げた。脚を広げて松葉崩しの体勢で再びズコズコ…。気持ち良すぎて、勝手に腰が動いてしまう様子。
「ア! ア! 初めてのところに当たってる! イッちゃう!」
痙攣しながら絶頂する彼女。最後は正常位の体勢で激しく交わった。

「熱いのオマ○コにちょうだい!」
中出しをおねだりする彼女。超ハードピストンの後、中出しフィニッシュした。濃いザーメンが垂れ落ちていき、マン汁とともに彼女のマ○コが汚されている。
「最高に興奮したよね」
「またああいったデートしようね」
「うん、また違うところでもしたい!」

快楽に貪欲な彼女。本当にエロイ。本日二度目の中出しセックスを終えた。気持ちよかったが、すごい疲れた…。でも幸せだ。

もっと見る

素人熟女図鑑 翔田千里

2023/7/15

ちさと&りえ(素人熟女図鑑)に出てるAV女優の名前は?

ナンパした女子2人はなんと姉妹で人妻。2人ともムチムチボディで巨乳。いきり立つ僕のデカチンをみせつけ3P突入!!Wフェラ、W指マン、W爆乳もみ等ハーレムプレイを堪能させていただきました

もっと見る

WEB SERVICE BY FANZA

 

-素人ギャラリー, 翔田千里
-, , , ,